志村けんさんの遺産相続、手続きが進んでいない?苛立つ親族

ラウンド用品・小物 2022-03-26 54122 0

志村けんさんの遺産相続、手続きが進んでいない?苛立つ親族

    志村けんさんの遺産相続、手続きが進んでいない?苛立つ親族東京の北西部・東村山駅前には、銅像と一緒に写真を撮る人がいつもいる。みな“アイ~ン”のポーズだ。【写真】東村山にある志村けんさんの“立派なお墓”、イケメンすぎる若かりしころのレアショットほか「志村け

志村けんさんの遺産相続、手続きが進んでいない?苛立つ親族

    

志村けんさん

写真拡大

 東京の北西部・東村山駅前には、銅像と一緒に写真を撮る人がいつもいる。

    みな“アイ~ン”のポーズだ。

    

東村山にある志村けんさんの“立派なお墓”、イケメンすぎる若かりしころのレアショットほか

「志村けんさんの銅像です。

    昨年6月に完成しました。

    『東村山音頭』でこの地域を有名にした功労者ですからね。

    市内の有志がクラウドファンディングで製作費を募ったら、予定の2400万円を上回る3200万円が集まりました」(地元の住民)

 自撮りをしていた男子高校生は、母親のDVDで『8時だョ!全員集合』を見てファンになったと話す。

    

「今でも毎日、全国各地からたくさんの人が訪れています。

    北海道から来た方もいましたし、タンクトップにジーンズの“志村どうぶつ園”コスプレで来るそっくりさんまで現れました(笑)」(駅の整備員)

自宅の現在は「ぱっと見はきれいだけど」

 銅像の隣には、'76年に植樹された『志村けんの木』があり、空に向かって枝を広げている。

    長きにわたって市民から愛されてきた。

    

「亡くなられたときは駅前に献花台を置きましたが、コロナ禍が続くいま、三回忌ではありますが同様のことを行うのは難しい。

    メールでメッセージをいただければ、責任を持って遺族にお渡ししています」(東村山市役所秘書広報課・渡辺茂治課長)

 志村さんが亡くなったのは、'20年3月29日。

    新型コロナの感染拡大が始まってすぐの時期だった。

    あれから2年がたつが、志村さんが住んでいた東京・三鷹の家は放置されたままのようだ。

    

「志村さんが三味線を弾く音が聞こえなくなって、本当に寂しいですね。

    亡くなった当時はお兄さんや家政婦さんがよく来ていましたが、最近は見ません。

    自宅前の掃除や草むしりは、近所の人たちでやってますよ。

    だから、パッと見はきれいですが、中庭は草や木がぼうぼうの生え放題。

    野良猫が子どもを産んですみついてしまいました。

    ずっと人がいないので、建物も傷んできたようです。

    雨樋が壊れたのか、昨年の大雨のときは、屋根から流れ落ちる水が滝のようにすごい勢いでした」(近くの住民)

 熱海のリゾートマンションも、そのままになっている。

    

「志村さんは何度かお見かけしたことがあります。

    亡くなったときは、フロントに志村さんの肖像画が飾ってあって、花が供えてありました。

    それを見ると、もうここには来ないんだなって寂しくなりましたね」(マンションの住人)

遺産相続のをゆくえを直撃

 志村さんは3人兄弟の末っ子。

    昨年6月、2番目の兄・美佐男さんが亡くなっていた。

    

「体調が悪いとは思えず、ずっと元気に見えました。

    昨年の春くらい、普通に車で出かけるのを見ましたし、挨拶もしていました。

    どうやらその後、いつの間にか入院していたようですね」(美佐男さん宅近所の住民)

 親族によると、志村さんとは仲のいい兄弟だったそうだ。

    

「美佐男には、よくゴルフを教えてあげていましたよ。

    私とウマが合ったから、ウチの会社に入って働いていたんです。

    それが40年くらい前。

    でも、芸能界で活躍していたけんが“兄貴は俺が雇わせて”って頭を下げて、直談判してきたの。

    それで美佐男は、けんの個人事務所に入りました。

    酒が好きで、美佐男はけんが来ると一緒に焼酎を飲んでいた。

    ふだんはまじめだけど、酔うと明るくて。

    事務所は六本木の近くだったから、そりゃあ飲むよね」(志村さんの親族)

 酒好きが仇になったのではないかともいう。

    

「何年か前に会ったとき、体調が悪いって言っていた。

    飲みすぎで肝臓を壊しちゃったんじゃないかな。

    けんの一周忌もだけど、美佐男の葬式も参列しなかった。

    だって呼んでくれないんだもん。

    コロナの事情もわかるけど、それはないよね。

    知之は'15年にお母さんを亡くしてから、けん、美佐男を立て続けに喪って、疲れたんだとは思うけどさ」(同・志村さんの親族)

 知之というのは、志村さんの長兄のこと。

    志村さんの個人事務所の代表取締役になっている。

    美佐男さんが亡くなった後にはその息子が新たに取締役になった。

    ただ、残された不動産の登記は、今も志村さん名義のまま。

    

 知之さんに話を聞いた。

    

─三回忌の予定は?

「命日近くで内密に小さくやります。

    コロナが終わらないからね」

─三鷹の家の掃除は?

「庭は一昨年の夏、人に頼んでやりました」

─2年がたちましたが、相続は進まない?

「なんとなくね、やってはいるけどなかなか。

    コロナで進まないっていうのもあって」

─美佐男さんも亡くなられたようで……。

    

「内臓を壊していてね」

─個人事務所は美佐男さんの息子に任せる?

「俺が継いだんだよ。

    甥と2人でやっていきます」

─熱海のマンションは?

「あれから行ってない。

    忙しくて行けないんです」

志村けんの遺産が10億円というのは“少ない”

 相続の手続きが進んでいないのは確かなようだ。

    

 前出の親族は、いらだちを隠さない。

    

「三鷹の家だって放っておけば、傷んで資産価値が下がるし、治安が悪くなり、近所にも迷惑がかかる。

    “早く相続しなさいよ”って言ってやりました。

    事務所にはずっと美佐男が通っていたんだから、いずれは彼の息子が継ぐのが自然だろうね」

 志村さんの遺産は10億円ともいわれたが、長年、芸能界のトップで活躍してきたのだから、もっと多くてもおかしくはない。

    

「志村さんの遺産が10億円って、確かに少ないですよね。

    あれだけ活躍したのだから、最低50億円は持っていそうですよ。

    でも、おカネの使い方は激しかった。

    20年ほど前ですが、私が勤めていた銀座のクラブには週に3、4回は来ていました。

    毎回、ダチョウ倶楽部の誰かなど何人か連れてきて、支払いはすべて志村さん。

    100万円単位で置いていきました。

    同じ日に何軒か回っていたそうだから、1日にいくら使っていたのかなって」(銀座の元ホステス)

 ただし、巨額な相続税も発生する。

    相続が遅れることに問題はないのか。

    弁護士法人 天音総合法律事務所 正木絢生代表弁護士に聞いた。

    

「相続に関連して、コロナ禍を理由に延長が可能なのは、相続税の申告・納付期限についてです。

    通常は10か月以内という期限が定められていますが、コロナ特例にて、延長できます。

    しかし、それでも1、2か月程度でしょう」

 遺産分割については、今の制度上は特に期限が定められているわけではない。

    

「遺産分割が終了するまで、何年もかかるケースもあります。

    制度上は期間が定められているということはありません。

    ですから、志村さん所有の不動産の名義の変更が遅れていることと、コロナ特例は関係していないと思われます」(正木弁護士、以下同)

 民法の改正が予定されており、不動産の相続登記は「相続を知った日から3年以内に相続登記をすること」が義務化されることになるという。

    

 志村さんの遺族は数億円の相続税を、不動産整理をせずに、どうやって支払ったのか。

    

「志村さんが、たくさんの現金を所有していて、そこから支払われた可能性は高いと思います。

    その場合は、遺族の同意書を作成する必要があります」

 稀代の喜劇王が遺したものは、あまりにも大きい。

    

评论

精彩评论